2015.09.01 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.09.01 Tuesday

    佐野研二郎は悪魔教信者か?!

    0
      佐野研二郎
       
      Untitled61
      これ、「悪魔の角」を表わすポーズに見えるんだけど?





      なんで、わざわざ、しゃがむんだ?



       
      2015.08.12 Wednesday

      慰安婦問題に関する日本人学者110人の声明の英語バージョン

      0
        (転載)
        https://www.facebook.com/nobukatsu.fujioka/posts/874638792621896
        慰安婦問題に関する日本人学者110人の声明の英語バージョンです。英語の得意な方もそうでない方も、拡散するなどご活用下さい。
        Japanese Scholars’ Reply to the American Scholars’ Comfort Women Statement:
        In search of a constructive dialogue based upon facts
                     August 6, 2015
        On May 5th, 2015, one hundred and eighty-seven American-based researchers of Japan issued a statement on the comfort women issue titled, “Open letter in support of historians in Japan” (hereafter, “American scholars’ statement”). It is our understanding that, subsequently, the number of signers increased to some four hundred and sixty people. In response to the challenge proposed by the American scholars’ statement, we Japanese scholars respond with the following views.
        <1> Complete agreement that events should be viewed in their historical context, and weighed carefully in the balance
        We were struck by this passage from the American scholars’ statement:
        “[…] we believe that only careful weighing and contextual evaluation of every trace of the past can produce a just history. Such work must resist national and gender bias, and be free from government manipulation, censorship, and private intimidation.”
         
        We are sympathetic to this suggestion, which we believe to be an important, fundamental principle of historical research. It is cause for celebration that researchers in both Japan and the United States are in agreement on this point.
         
        That we are attempting a response here is due to our having detected, in the American scholars’ statement, a willingness to deal constructively with historical facts that has previously been lacking in American debate on the comfort women issue.
        <2> Who are the “historians in Japan”?
        The above-mentioned agreement on a fundamental principle of historical inquiry notwithstanding, there remain aspects of the American scholars’ statement that we find puzzling, or that cause us to harbor grave intellectual reservations.
         
        The American scholars’ statement is titled, “Open Letter in Support of Historians in Japan,” and begins:
        “The undersigned scholars of Japanese studies express our unity with the many courageous historians in Japan seeking an accurate and just history of World War II in Asia.”
         
        It is unclear, however, whom the American scholars mean here by “historians in Japan.” Academic freedom is guaranteed in Japan, which means that there exists a broad diversity of scholars and researchers. According to the explanation provided by the American scholars who compiled the statement, they were influenced by a statement issued in December of 2014 by the Historical Science Society of Japan (Rekishigaku Kenkyūkai, commonly abbreviated as “Rekiken”).
        This Rekiken statement includes this assertion: “The forced abduction of comfort women is a fact. Comfort women were sex slaves.” It would seem that this assertion is almost completely different from the current American scholars’ statement, which includes neither the phrase “forced abduction of comfort women,” nor the phrase, “sex slaves.”
        Furthermore, Rekiken is a Marxist organization that has opposed the Japanese-American Security Treaty. (See link for their April 1st, 2013 statement. http://rekiken.jp/appeals/appeal20130401.html) Were the American scholars aware of these positions when they signed their May, 2015 open letter?
        ♥> History must not be used for political purposes
        In the American scholars’ statement, Japan’s “comfort women” system is understood to be “one of the most divisive issues” of historical interpretation. The American scholars write:
        “Postwar Japan’s history of democracy, civilian control of the military, police restraint, and political tolerance, together with contributions to science and generous aid to other countries, are all things to celebrate as well.”
          “Yet problems of historical interpretation pose an impediment to celebrating 
        these achievements. One of the most divisive historical issues is the so-called ‘comfort-women’ system. This issue has become so distorted by nationalist invective in Japan as well as in Korea and China that many scholars, along with journalists 
        and politicians, have lost sight of the fundamental goal of historical inquiry, which should be to understand the human condition and aspire to improve it.”
        We wish to ask the American scholars whether they are seeking unanimity of historical interpretation between the United States and Japan. We ask this because we believe it impossible to achieve unanimity of historical interpretation among differing nations and peoples when that interpretation goes beyond the level of historical fact. This impossibility is self-evident when one considers, for example, the differing historical interpretations of the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki between America and Japan.
         
        We affirm the American scholars’ statement when it points out the problem of Korean and Chinese nationalistic rhetoric. We, too, oppose nationalistic rhetoric without basis in historical fact when it is deployed by any country.
         
        From this perspective, we are compelled to point out that in the United States, too, one is able to find a mistaken understanding of the facts of the comfort women issue. In their statement, the American scholars allow that, “the precise number of ‘comfort women’ […] will probably never be known for certain.” If this is truly the American scholars’ position, then it should be an imperative, based upon this admission of great uncertainty as to the actual number of comfort women, to correct the erroneous passages in the McGraw-Hill textbook without delay.
        But the McGraw-Hill textbook is not the only site for the perpetuation of mistaken information on comfort women numbers. The stelae accompanying the comfort women statues erected throughout the United States also state unequivocally that “two hundred thousand ordinary women were abducted and forced to work for the Japanese military.”
        In addition to these falsehoods, in the Coomaraswamy Report filed with the United Nations, as well as in United States House of Representatives Resolution No. 121, the Japanese military stands accused, not only of abducting comfort women, but also of drawing and quartering them, and of slaughtering them en masse in order to cover up the evidence of their crimes. What we are asking for here is simply the correction of statements such as these that are so greatly at odds with fact.
         
        We believe it is our mission as scholars to bring facts to light exactly as we find them. We must not allow ourselves to be drawn away from our scholarly preserves and into the realm of politicization, as doing so would hinder the kind of dialogue and cooperation that are necessary for solving the many problems that we now face.
        <4> There is no basis for singling Japan out among the twentieth-century history of wartime sexual violence and military prostitution
        In their statement, the American scholars conclude that the Japanese military’s comfort woman system was “distin[ct].” Thus,
        “Among the many instances of wartime sexual violence and military prostitution in the twentieth century, the ‘comfort women’ system was distinguished by its large scale and systematic management under the military, and by its exploitation of young, poor, and vulnerable women in areas colonized or occupied by Japan.”
         
        If the American scholars see the comfort woman system as one of prostitution carried out in the service of an army, then we are in agreement on this point. In order to prevent rape and other sexual violence in theaters of war, and in order also to prevent the spread of sexually transmitted disease, the Japanese military permitted brokers to procure comfort women from Japan as well as the Korean Peninsula, which at the time was part of the home territory of Japan. In addition to granting permission for this to take place, the Japanese military also helped expedite the process of procurement.
        We object to the singling out of Japan for special opprobrium on this score, especially when one compares Japan’s actions with those of the Soviet Union’s Red Army, which permitted the rape of the women of defeated populations in Manchuria, Germany, and elsewhere; of the United States military, which used as prostitutes Japanese women provided by the Japanese government under the American Occupation; and of South Korea, which forced its own countrywomen to work as prostitutes for the sake of South Korea’s American allies during and after the Korean War.
        Leaving aside for a moment the horrors of raping defeated populations, we feel that the American and South Korean actions described immediately above show just how common and universal was the “exploitation of young, poor, and vulnerable women."
        As a result of the poverty in Japan and on the Korean Peninsula at that time, parents took out loans with prostitute brokers and made their daughters work for these brokers as repayment of those loans. Such tragedies are now regarded as violations of the law. However, one can still find such tragedies occurring with terrible frequency all around the world. Human trafficking is a booming business and is still the result of poverty and famine, such as the case of the North Koreans who flee into China in order to escape the crushing conditions in their home country. As a United Nations report lays out, women in North Korean political prisons are subjected to appalling sexual abuse. Women’s rights continue to be trampled upon, even as we write.
         
        We consider it incumbent upon all of us to strive to eliminate such tragedies without any excuse or prevarication. In order to realize this aim, we must examine, from the perspective of women’s rights violations, all of the facts from the past through to the present in an empirical and academic way. We must not allow nationalism or political objectives to distort our view of the facts. ■
        ◆Drafters 
        WATANABE Toshio 渡辺 利夫  Takushoku University *President
        NAKANISHI Terumasa 中西 輝政   Kyoto University
        TAKUBO Tadae 田久保 忠衛  Kyorin University
        ◆Signatories 
        ANBO Katsuya  安保 克也 Osaka International University
        ANDO Yutaka  安藤 豊 Hokkaido University of Education
        ARAI Kohichi  新井 弘一 Kyorin University
        ARAKI Kazuhiro 荒木 和博 Takushoku University
        ASADA Sadao  麻田 貞雄 Doshisha University
        ASANO Kazuo  浅野 和生 Heisei International University
        CHE Kilsong  崔 吉城 Hiroshima University
        EDWARDS Hiromi  エドワーズ 博美 University of Maryland
        ETOH Hiroyuki   江藤 裕之 Tohoku University
        FIJII Genki   藤井 厳喜 Takushoku University
        FUJIOKA Nobukatsu 藤岡 信勝 Takushoku University
        FUKUCHI Atsushi 福地 惇 Kochi University
        FUKUDA Hayaru 福田 逸 Meiji University
        FUKUI Yuhzoh     福井 雄三 Tokyo International University
        FURUTA Hiroshi 古田 博司 Tsukuba University
        HAKAMADA Shigeki 袴田 茂樹 Niigata Prefectural University
        HAMAYA Hidehiro 浜谷 英博 Mie-Chukyo University
        HASEGAWA Kohichi 長谷川 公一 Edogawa University
        HASEYAMA Takahiko 長谷山 崇彦 Chuo University
        HATA Ikuhiko     秦 郁彦 Nippon University
        HIGASHINAKANO Shudo  東中野 修道  Asia University
        HIGUCHI Tsuneharu    樋口 恒晴   Tokiwa University
        HiIZUMI Katsuo     樋泉 克夫 Aichi University
        HIRAMA Yohichi     平間 洋一 National Defense Academy of Japan
        ICHIMURA Shin-ichi 市村 真一 Kyoto University
        IJIRI Hidenori     井尻 秀憲 Tokyo University
        IMAOKA Hideki     今岡 日出紀 Shimane Prefectural University
        INAMURA Kohboh 稲村 公望 Chuo University
        INOUE Masao     井上 雅夫 Doshisha University
        IRIE Takanori     入江 隆則 Meiji University
        ISHIGAKI Kichiyo  石垣 貴千代 Toyo University
        ISHII Nozomu    石井 望    Nagasaki Junshin Catholic University
        ISOMAE Syuji    磯前 秀二 Meijo University
        ITOH Ken-ichi    伊藤 憲一 Aoyama Gakuin University
        ITOH Takashi    伊藤 隆     Tokyo University
        KANAOKA Hideo   金岡 秀郎 Akita International University
        KANEKO Yoshio    兼子 良夫 Kanagawa University
        KATOH Juhachi    加藤 十八 Chukyo Women`s Universitu
        KATSUOKA Kanji  勝岡 寛次 Meisei University
        KEINO Yoshio    慶野 義雄 Heisei International University
        KIMURA Hiroshi   木村 汎 Hokkaido University
        KITAMURA Minoru  北村 稔 Ritsumeikan University
        KITAMURA Yoshikazu 北村 良和 Aichi University of Education
        KOBORI Kei-ichiro 小堀 桂一郎 Tokyo University
        KOIZUMI Toshio    小泉 俊雄 Chiba Institute of Technology
        KOYAMA Kazunori  小山 一乗 Komazawa University
        KOYAMA Tsunemi  小山 常実 Ohtsuki University
        KUNO Jun 久野 潤 Osaka International University
        KUSAKA Kimindo 日下 公人 Tama University
        MABUCHI Mutsuo 馬渕 睦夫 National Defense Academy of Japan
        MATSU-URA Mitsunobu  松浦 光修 Kohgakkan University
        MERA Kohichi     目良 浩一 University of Southern California
        MIZUTO Hideaki 水渡 英昭 Tohoku University
        MOMOCHI Akira 百地 章 Nippon University
        MURATA Noboru 村田 昇 Shiga University
        NAGOSHI Takeo     名越 健郎 Takushoku University
        NAKAMURA Katsunori  中村 勝範 Keio University
        NAKAYA Noriko     中屋 紀子 Miyagi University of Education 
        NISHI Osamu   西 修 Komazawa University
        NISHIDATE Kazume 西館 数芽 Iwate University
        NISHIO Kanji    西尾 幹二 University of Electro-Communications
        NISHIOKA Tsutomu 西岡 力 Tokyo Christian University
        NITTA Hitoshi     新田 均 Kohgakkan University
        NIWA Fumio     丹羽 文生 Takushoku University
        NIWA Haruki 丹羽 春喜   Osaka-gakuin University 
        NODA Yasuhisa 野田 裕久 Ehime University
        OH Sonfa 呉 善花 Takushoku University
        OH-HARA Yasuo 大原 康男 Kokugakuin University
        OHIWA Yujiro 大岩 裕次郎 Tokyo International University
        OHTA Tatsuyuki 太田 辰幸 Toyo University
        OKADA-COLLINS Mariko 岡田-コリンズ マリ子Central Washington University
        OKAMOTO Kohji 岡本 幸治 Osaka International University
        OSADA Goroh 長田 五郎 Myojo University
        OSADA Mitsuo 長田 三男 Waseda University
        OYAMA Kazunobu 小山 和伸 Kanagawa University
        SAKAI Nobuhiko 酒井 信彦 Tokyo University
        SASE Masamori 佐瀬 昌盛 National Defense Academy of Japan
        SHIBA Kimiya 柴 公也 Kumamoto Gakuen University
        SHIBATA Norifumi 柴田 徳文 Kokushikan University
        SHIBUYA Tsukasa 澁谷 司 Takushoku University
        SHIMADA Yohichi 島田 洋一 Fukui Prefectural University
        SHIMOJOH Masao 下條 正男 Takushoku University
        SUGIHARA Seishiroh 杉原 誠四郎 Josai University
        TAKADA Jun 高田 純 Sapporo Medical University
        TAKAHARA Akiko 高原 朗子 Kumamoto University
        TAKAHASHI Shiroh 高橋 史朗 Meisei University
        TAKAI Susumu 高井 晉 National Defense Academy of Japan
        TAKAYAMA Masayuki 高山 正之 Teikyo University
        TANAKA Hidemichi 田中 英道 Tohoku University
        TEI Taikin     鄭 大均 Tokyo Metropolitan University
        TOKUMATSU Nobuo 徳松 信夫 Tokoha University
        TOMIOKA Koh-ichiro 冨岡 幸一郎 Kanto Gakuin University
        TOYODA Aritsune 豊田 有恒 Shimane Prefectural University
        TOYOSHIMA Norio 豊島 典雄 Kyorin University
        TUCHIDA Ryuhtaro 土田 龍太郎 Yokyo University
        UMEHARA Katsuhiko 梅原 克彦  Akita International University
        UMEZAWA Shohei 梅澤 昇平 Shobi Gakuen University
        URABE Kenshi     占部 賢志 Nakamura Gakuen University
        USHIO Masato     潮 匡人 Takushoku University
        WATANABE Shoh-ichi 渡部 昇一 Sophia University
        YAGI Hidetsugu     八木 秀次 Reitaku University
        YAMAFUJI Kazuo 山藤 和男 University Electro-Communications
        YAMAMOTO Shigeru 山本 茂 Kyushu Women`s College
        YAMASHITA Eiji 山下 英次 Osaka City University
        YOSHIDA Yoshikatsu 吉田 好克 Miyazaki University
        YOSHINAGA Jun 吉永 潤 Kobe University
        YOSHIWARA Tsuneo 吉原 恒雄 Takushoku University
        ( 110 persons in all )
        https://www.facebook.com/nobukatsu.fujioka/posts/874157496003359
        日本人学者110人が署名し、8月6日に発表した声明の全文は次のとおりです。
             慰安婦に関する米学者声明への日本の学者からの返答
                  事実に基づいた建設的な対話を求めて
                    2015年(平成27年)8月6日
        2015年5月5日、米国の日本研究者ら187名が慰安婦問題について「日本の歴史家を支持する声明」(以下、米学者声明)を出しました。その後、賛同者は460人程度に増えたといわれています。私たち日本の学者は、米学者声明の呼びかけに応え、以下の通り見解を表明します。
        (1)「慎重に天秤にかける」「歴史的文脈での評価」で完全に一致
         私たちは、米学者声明の中に書かれている次の文言に着目しました。
        【・・・過去の全ての痕跡を慎重に天秤に掛けて、歴史的文脈の中でそれに評価を下すことのみが、公正な歴史を生むと信じています。この種の作業は、民族やジェンダーによる偏見に染められてはならず、政府による操作や検閲、そして個人的脅迫からも自由でなければなりません。】
         この指摘には私たちも同感であり、歴史研究における基本的で重要な原則であると考えます。この認識において、日米の研究者が意見の一致を見たことは素晴らしいことです。
         私たちが応答を試みようとしたのも、この声明が、従来、米国で行われてきた慰安婦問題に関する議論に比べると、事実関係に向き合おうという建設的な姿勢がそこに見出せると感じたからです。
        (2)日本の歴史家とは誰なのか?
         以上のような基本的な一致にもかかわらず、米学者声明には、よくわからないところ、強い疑問を感じざるを得ないところがあります。
         米学者声明には「日本の歴史家を支持する声明」という題がつけられ、次のように書かれています。
        【下記に署名した日本研究者は、日本の多くの勇気ある歴史家が、アジアでの第二次世界大戦に対する正確で公正な歴史を求めていることに対し、心からの賛意を表明するものであります。】
         ここでいう「日本の歴史家」とは誰なのか、明確ではありません。日本は学問の自由が保証されていますので、様々な立場の学者・研究者が存在します。声明を取りまとめた米国人学者の説明によると、日本の歴史学研究会が2014年12月に出した声明に影響を受けたとのことです。
        歴研声明は「慰安婦強制連行は事実であり、慰安婦は性奴隷だった」と主張しました。その主張と、「慰安婦強制連行」という言葉も、「性奴隷」という言葉もない、今回の米学者声明の内容はほとんど一致していないように見えます。
        その上、歴研は、日米安保条約に反対してきたマルクス主義系の組織です。(2013年4月1日声明http://rekiken.jp/appeals/appeal20130401.html)。そのことを署名した米学者の皆さんはご存じだったのでしょうか。
        (3)歴史を政治利用すべきではない
         米学者声明は、日本の「慰安婦」制度の問題が歴史解釈上で「最も深刻な問題のひとつ」であると位置づけ、次のように書きました。
        【 戦後日本が守ってきた民主主義、自衛隊への文民統制、警察権の節度ある運用と、政治的な寛容さは、日本が科学に貢献し他国に寛大な援助を行ってきたことと合わせ、全てが世界の祝福に値するものです。
         しかし、これらの成果が世界から祝福を受けるにあたっては、障害となるもの
        があることを認めざるをえません。それは歴史解釈の問題であります。
        その中でも、争いごとの原因となっている最も深刻な問題のひとつに、いわゆ
        る「慰安婦」制度の問題があります。この問題は、日本だけでなく、韓国と中国
        の民族主義的な暴言によっても、あまりにゆがめられてきました。】
         
         私たちは米学者の皆さんに「日本に対して、歴史解釈の一致を求めているのですか」と問いたいです。事 実関係を超えた歴史解釈は国や民族が違えば一致できません。それは、米国の日本への原爆投下に対する日米両国の歴史解釈を考えれば自明です。
         米学者声明が、韓国と中国の民族主義的暴言の問題点をも指摘したことは、肯定的に評価できます。私たちもどの国のものであろうと事実に基づかない民族主義的な暴言には反対します。
         その観点から、私たちは米国内にも慰安婦問題に関する事実誤認が存在することを指摘せざるを得ません。米学者声明は慰安婦の数について「永久に正確な数字が確定されることはないでしょう」と書きました。この立場に立つならすぐに歴史教科書の記述を修正すべきです。歴史教科書や、米国各地に建つ慰安婦像の傍らの碑には「日本軍が強制的に20万人の一般女性を拉 致した」と具体的に書いてあるのです。また、国連報告書や米国下院決議121号には、拉致した上に、四肢切断し、証拠隠滅の為に殺害したとまで書いてあります。私たちは、このような、著しく事実に反する記述の訂正を求めているだけです。
         事実を事実として究明するのが私たち学者の使命だと信じております。学問の領域を逸脱し、この問題を政治問題化することによって、今日直面する諸問題に対処するための対話と協力を妨げることがあってはなりません。
        (4)20世紀の戦時性暴力・軍売春の中で日本が特筆される根拠はない
         米学者声明は、日本の軍慰安婦制度を「特筆すべきもの」とする結論を、次のように書いています。
        【20世紀に繰り広げられた数々の戦時における性的暴力と軍隊にまつわる売春のなかでも、「慰安婦」制度はその規模の大きさと、軍隊による組織的な管理が行われたという点において、そして日本の植民地と占領地から、貧しく弱い立場にいた若い女性を搾取したという点において、特筆すべきものであります。】
         
        米学者らが慰安婦制度を軍隊にまつわる売春とみているのであれば、私たちの認識と変わりません。日本軍は戦場でレイプ事件など性的暴力を防ぎ、性病の蔓延を防ぐため、自国と当時の自国領であった朝鮮などから業者が慰安婦を連れてくることを許可し、便宜を与えました。満州やドイツなどで敗戦国民の婦女子をレイプすることを許したソ連軍、占領下の日本政府が用意した日本 人女性を売春婦として利用した米軍、同盟国米軍のために自国民の女性を売春婦として働かせた韓国に比べてどこが特筆すべきか議論されるべきでしょう。
         敗戦国女性のレイプは論外ですが、上記の米国や韓国のケースは「貧しく弱い立場にいた若い女性を搾取したという点において、共通する普遍的な問題」であったと私たちは考えます。
         当時の日本と朝鮮では貧困の結果、親が女衒に借金をし、その返済のために娘が売春をさせられるということがありました。そのような悲劇は現在では違法とされています。しかし、世界の見渡すとそのような悲劇は未だに多数存在します。北朝鮮から中国に逃げた脱北者などをはじめとして、貧困や飢餓の結果である、人身取引が大々的に行われています。国連報 告書にあるように、北朝鮮国内では政治犯収容所などで女性に対するすさまじい性的迫害が存在します。現在も女性の人権が犯されているのです。
         私たちはそのようなことがこの地上から1日でも早く無くなるように努力すべきだと考えています。そのためには、女性の人権侵害という観点から、過去から現在に至るまで、全ての事実を俎上に載せて学術的に検証すべきであり、民族主義や政治的目的によって事実が歪められることを許してはなりません。
        <呼びかけ人>
        渡辺 利夫(代表)拓殖大学総長
        中西 輝政    京都大学名誉教授
        田久保 忠衛   杏林大学名誉教授
        <署名人>
        麻田 貞雄  同志社大学名誉教授
        浅野 和生  平成国際大学教授
        新井 弘一  元杏林大学教授
        荒木 和博  拓殖大学教授
        安藤 豊  北海道教育大学名誉教授
        安保 克也  大阪国際大学准教授
        石井 望   長崎純心大學准教授
        石垣 貴千代 元東洋大学教授
        井尻 秀憲 東京外国語大学名誉教授
        磯前 秀二  名城大学教授
        市村 真一  京都大学名誉教授
        伊藤 憲一  元青山学院大学教授
        伊藤 隆   東京大学名誉教授
        稲村 公望  中央大学客員教授
        井上 雅夫  同志社大学教授
        今岡 日出紀 島根県立大学名誉教授
        入江 隆則  明治大学名誉教授
        潮 匡人   拓殖大学客員教授
        梅澤 昇平  元尚美学園大学教授
        梅原 克彦  国際教養大学教授
        占部 賢志  中村学園大学教授
        江藤 裕之  東北大学教授
        エドワーズ 博美 メリーランド大学講師
        呉 善花   拓殖大学教授
        大岩 裕次郎 東京国際大学教授
        太田 辰幸  東洋大学研究所研究員
        大原 康男  國學院大學名誉教授
        岡田-コリンズ マリ子 
        セントラルワシントン大学講師
        岡本 幸治  大阪国際大学名誉教授
        長田 五郎  明星大学名誉教授
        長田 三男  早稲田大学名誉教授
        小山 和伸  神奈川大学教授
        勝岡 寛次  明星大学研究センター
        加藤 十八  中京女子大学名誉教授
        金岡 秀郎  国際教養大学特任教授
        兼子 良夫  神奈川大学教授
        北村 稔   立命館大学教授
        北村 良和   愛知教育大学名誉教授
        木村 汎   北海道大学名誉教授
        日下 公人  多摩大学名誉教授
        久野 潤   大阪国際大学講師
        慶野 義雄  平成国際大学教授
        小泉 俊雄  千葉工業大学教授
        小堀 桂一郎 東京大学名誉教授
        小山 一乗  元関東短期大学教授
        小山 常実  大月短期大学名誉教授
        酒井 信彦  元東京大学教授
        佐瀬 昌盛  防衛大学名誉教授
        柴 公也   熊本学園大学教授
        柴田 徳文  国士舘大学教授
        澁谷 司   拓殖大学教授
        島田 洋一  福井県立大学教授
        下條 正男  拓殖大学教授
        杉原 誠四郎 元城西大学教授
        高井 普   防衛研究所研究員
        高田 純   札幌医科大学教授
        高橋 史朗  明星大学教授
        高原 朗子   熊本大学教授
        高山 正之  元帝京大学教授
        田中 英道  東北大学名誉教授
        崔 吉城   広島大学名誉教授
        土田 龍太郎 東京大学名誉教授
        鄭 大均   首都大学東京名誉教授
        徳松 信夫  元常葉大学教授
        冨岡 幸一郎 関東学院大学教授
        豊島 典雄  杏林大学教授
        豊田 有恒  島根県立大学名誉教授
        中村 勝範  慶應大学名誉教授
        中屋 紀子  宮城教育大学名誉教授
        名越 健郎  拓殖大学教授
        西 修    駒澤大学名誉教授
        西尾 幹二  電機通信大学名誉教授
        西岡 力   東京基督大学教授
        西館 数芽  岩手大学教授
        新田 均   皇學館大学教授
        丹羽 春喜  大阪学院大学名誉教授
        丹羽 文生  拓殖大学准教授
        野田 裕久  愛媛大学教授
        袴田 茂樹  新潟県立大学教授
        長谷川 公一 元江戸川大学教授
        長谷山 崇彦 中央大学名誉教授
        秦 郁彦   元日本大学教授
        浜谷 英博  三重中京大学名誉教授
        樋泉 克夫  愛知大学教授
        東中野 修道 亜細亜大学教授
        樋口 恒晴  常磐大学教授
        平間 洋一  元防衛大学教授
        福井 雄三  東京国際大学教授
        福田 逸   明治大学教授
        福地 惇   高知大学名誉教授
        藤井 厳喜  拓 殖大学客員教授
        藤岡 信勝  拓殖大学客員教授
        古田 博司  筑波大学名誉教授
        松浦 光修  皇學館大学教授
        馬渕 睦夫  元防衛大学校教授
        水渡 英昭  東北大学名誉教授
        村田 昇   滋賀大学名誉教授
        目良 浩一 元南カリフォルニア大学教授
        百地 章   日本大学教授
        八木 秀次  麗澤大学教授
        山下 英次  大阪市立大学名誉教授
        山藤 和男  電気通信大学名誉教授
        山本 茂   元九州女子大学教授
        吉田 好克  宮崎大学教授
        吉永 潤   神戸大学準教授
        吉原 恒雄  元拓殖大学教授
        渡部 昇一  上智大学名誉教授
        (以上、呼びかけ人を含め110人)
        2015.08.05 Wednesday

        水田安美さんの国連スピーチ全文

        0
          (転載)
          https://www.facebook.com/ami.mizuta.3/posts/738509036261205?pnref=story
          水田 安美
          7月29日 12:48 
           
          国連スピーチ、終わりました。
          今日の産経新聞の朝刊に載りました。
          おじいちゃんの形見の国旗をマイクに掲げました笑
          ヨーロッパの世論はアメリカのメディアの影響で
          中韓の主張を信じてるそうです。しかもそれが
          中韓の主張だと分からないように流されてるのです。
          日本の正しい主張はそもそも日本でさえ
          メディアは取り上げてくれません。理由は、
          放送法の影響と無くなってるはずのプレスコードが
          まだ生きてたりするからです。だけどこのことを
          知ってる日本人は極めて少ないのが現状です。
          日本で普通に生きてたら日本が嫌いになるように
          なっているんです。それはGHQの戦略の一つです。
           
          https://www.facebook.com/photo.php?fbid=739701092808666&set=a.245815522197228.46371.100003063472278&type=1&theater
          水田 安美
            8月1日 
           
           
          国連スピーチ全文(日本語版)です。
          今日は初めて「通州事件」の慰霊祭が行われました。
          通州事件、知らない方が多いと思います。
          理由はGHQなどに封印されてきた事件だからです。
          概要は支那人が日本人を大虐殺した残酷すぎる事件。
          大東亜戦争の引き金の1つとも呼ばれています。
          酷すぎて言葉も出ない事件です。二度とこんなことが
          起こらないようにしなければなりません。

          《水田安美 国連スピーチ全文(日本語版)》
          今日、私は日本の若者を代表してここへ来ました。
          私が伝えたいのは、日本は素晴らしい国だから、自虐史観に終止符を打ちたいこと、
          そして皆さんと共に地球規模で幸せを実現するために力を合わせていきたいということを
          伝えるために日本からやってきました。

          今から日本の素晴らしさを皆さんに伝えます。

          まずは、日本の国旗です。 
          このように一見、シンプルな白色の真ん中に赤い丸という国旗です。
          この赤い丸は「太陽」だと言われており、日本の信仰の象徴でもあります。
          それは、「太陽信仰」といって、天照大神という存在が国家の神として認められて、
          日本全体がそれを承認し、今の日本にある皇室制度が成り立っています。
          それは「百二十五代」続いています。
          その間、途切れずに続いており、系図もはっきり遺っています。
          そしてその史実は、少なくとも二千年近い歴史があることは、ほぼ確実です。
          「統一王朝として、二千数百年存在する」ということを考えると、
          これだけ連綿と続いた国家があるのはすごいことです。
          「世界史のなかの奇跡」と言っている人もいます。私もそう思います。

          もう一つは、日本の神話です。古事記や日本書紀など日本人が古くから
          大切にしている伝統や書物があります。
          そのなかに描かれている象徴的なものから「生き方」を学べます。
          嘘をついてはいけない、勤勉に生きる、人に優しくするなどといったことが
          今ではおじいちゃんやおばあちゃんの口から二千年も語り継がれているのです。
          なので、東日本大震災などの大きな災害があっても、お互い譲り合って
          一列に綺麗に並び、そして助け合い、復興に向けて努力することができるのです。

          このように、日本には「統一王朝や日本の神話が二千数百年の長きに渡って
          現在まで大切にされてきたこと」ということは、本当に素晴らしいことで、
          これは「世界遺産に匹敵する」ことくらいすごいことだと私は思います。

          そして最後に、アジアの植民地解放、アジアやアフリカ諸国の独立に貢献したということです。
          第二次世界大戦の敗戦後、天皇陛下の一言で日本人は一斉に武器を捨てました。
          そして、その後も日本に帰らず、戦いの現地に残ってその国の独立のために
          武器の使い方を教え、共に戦った日本人が多くいます。

          何故だと思いますか?

          それは、他国を侵略したいと思ってないからです。
          先ほども述べた日本人の考え方のなかに「困っている人がいたら助けたい」
          という、思いがあるからです。それがよくわかる「インパール作戦」を例に挙げます。
          日本ではインパール作戦というと、一番残酷で失敗の作戦だったと習います。
          ですが、インドではこのように言われています。
          インド国軍50周年記念で現地の方がこう言われたと、
          実際その場所に行かれた日本の人に聞きました。
          「インパール作戦であれほど日本軍が自分たちの犠牲を払って
          戦ってくれたから今この日を迎えられます。そのことに感謝、尊敬しています」
          当時の日本人は同じアジア民族としてある民族だけが、肌の色が違うだけで
          虐待されるのが許せず、黙って見てられなかったのです。
          それは、日本の上の人だけではなく、日本国民が皆そう思っていました。
          そうした、神様が見られる視点・地球的正義感を日本人は持っていました。
          そしてそのアジア独立に感化されたアフリカも独立への動きに変わっていきました。
          そんな日本をインドも、アジア諸国の人も尊敬しています。
          以前、マレーシアに行ったとき、現地の人に手を握られ、涙を流しながら
          「アリガトウ、アリガトウ」と言われたことを今でも覚えています。
          私はそれがすべてだと思います。私は日本に生まれたことを誇りに思います。

          なので、日本という国はもっと自信を持ってもいいのです。
          この国自体が「世界の誇り」であり、「世界遺産そのもの」そう思っていいはずであります。
          これを知るだけでもこの素晴らしい日本に生まれた日本人が
          「自虐史観」で、自分の国が嫌いという考え方を
          変えなければならないということがはっきり分かってくるはずです。
          他にも数えきれないくらい、日本の素晴らしいところがたくさんあります。

          今、日本は誇りと自信を失いかけています。
          なぜなら日本は悪い国だと他の国に言われ、
          また学校の先生にそう教えられているからです。
          私自身も、おばあちゃんから教えてもらっていた日本の歴史と
          学校から教わった歴史があまりにも違っていたことから歴史の勉強をはじめました。
          そして自信を無くした子供たちは、いじめや犯罪に走ります。
          私自身も、学生時代いじめられた経験があります。
          日本に
          はあまりにも自分のことが嫌いな子供が多すぎます
          しかし、日本には素晴らしい文化や思想、伝統がたくさんあります。
          日本国内でその声を挙げても小さな声にしかなりません。
          なので、皆さん一人ひとりが自分の国を愛するように日本のことも愛してください。
          幸福を祈ってください。その思いが、日本の子供たちの命を救います。
          日本の人々の勇気になります。力になります。誇りと自信に繋がります。
          もう、日本の自分の国が嫌いという考え方「自虐史観」に
          この戦後70周年の今、終止符を打ちたいのです。

          日本が再び誇りと自信を取り戻すことはもちろん、
          日本だけではなく世界各国がそれぞれの国で誇りと自信を 持ち、
          地球規模で幸福と平和と安らぎが実現する未来を私は本気で祈っています。
          このスピーチが世界の幸福の一助になることを願います。
          https://www.facebook.com/ami.mizuta.3/posts/740351992743576:0
          水田 安美
           
          国連スピーチ全文(英語版)です。
          その前に最近安保法案反対と騒がれているので
          愛国女子の私がとても分かりやすく賛成論書きます。
          結論から言うと自分の国は自分で守ることが日本は
          急務で、安保法案がないと日本国民の生命を守れない
          ということです。極論を言うと、安保法案を反対して
          植民地になるか、安保法案を通して日本を守るかです。
          ですがスイスに行って肌身で日本の危機を感じて
          きたので極論でもなくなってまいりました。
          反対の彼らは「憲法違反だ!」と言っていますが
          そもそも日本国憲法はたった1週間でマッカーサーの
          周りにいた20、30代の若者たちが『日本がもう2度と
          立ち上がれない国にしよう』と作成したものです。
          日本国憲法は、大日本帝国憲法との関連性が無く
          マッカーサーが突然現れてつくったのでこれは、
          立派な「国際法違反」と言えます。
          日本国憲法ができた1948年は平和だったので
          「日本国の周りが平和だと信頼して」と憲法の前文に
          書いてます。周りが平和だから大丈夫ということです。
          そんなマッカーサーですが、日本国憲法が施行された
          1948年からたった2年でソ連や中国が攻めてきました。
          これはまずいと、あと占領して日本は独裁的でないと
          気づいたので共に戦ってほしいと軍備を整えるよう、
          日本に勧めたのですが当時の日本の首相の吉田茂が
          「金がかかる。アメリカが助けてくれたらそれでいい」
          と反対しました。そのまま現在に至ります。
          今まではそれで来れたけど海上保安庁や自衛隊の人は
          「このままではまずい」と思っています。なぜなら、
          アメリカはクリントンとオバマ計16年民主党政権で
          福祉に力を入れて軍隊をどんどん縮小しています。
          民主党は共産主義なので「なんで日本を守らないと
          いけないんだ」という人が支持者で通った政権です。
          次にヒラリーさんになったらもっと軍隊は小さくなる
          ことでしょう。アメリカ自体が日本どころじゃない
          借金を抱えているので何年もかけて軍事予算を
          減らされてきました。アジア・太平洋の指令部は今
          東京にありますがそれをグアムに移そうとしてます。
          日本に攻め込まれてから戦うまでに時間がかかります。
          なのでアメリカに頼るだけでは本当に危ないのです 。
          日本国憲法は主権在民で主権は我々国民にありますが
          今の憲法9条では、他国が突然予告もなしに攻撃して
          きたら主権者も守れません。ということは、憲法9条
          そのものが憲法違反なのです。打ち込まれて日本人が
          すでに死んでから国会で決議してからしか戦えません。
          最初の一発で亡くなる日本人を仕方がないとしてます。
          これは、非常に問題があります。憲法9条が大好きな
          人たちは攻め込まれたときに憲法9条が印刷された
          A4用紙を持って最前線で戦うのでしょうか。
          自国を守る防衛戦は必要なことだと私は思います。
          《Ami Mizuta speech(English)》
          Today, I am here on behalf of younger Japanese with a message to convey to all of you. What I’d like to tell you is my wish to put an end to our masochistic view of history because I believe that Japan is such a marvelous country, and hope to make happy life happen on the global basis by cooperating with each other.
          .Now, I tell you how marvelous Japan is:
          At first, about the national flag of Japan.
          Our national flag has a seemingly simple design consisting of a red disk on a white background like this. This red disk represents “the Sun” and is also a symbol of religious belief of general Japanese. “Amaterasu Ohmikami” has been broadly accepted as the Japanese Goddess of the Sun, who is the earliest ancestor of the current Imperial Household. It has continued over 125 generations with no interruption, whose definitive genealogical chart remains. It is highly probable that the Imperial Household has a history of at least 2000 years. Taking this fact that a single royal dynasty has continued for over 2000 and a few hundred of years into consideration , it is nothing short of brilliant that a nation has been existing continu ously for such a long period. Some people say, “It is a miracle in the world history.” I think so, too.
          Another thing I’d like you to know about is Japanese myths. We have a few books such as “Kojiki,” a Record of Ancient Matters, and “Nihonshoki,” Chronicles of Japan, describing traditional stories that have been cherished through the ages. We can learn important “ways of living” from symbolic stories in those books. Lessons such as “Don’t tell a lie,” “Live diligently and faithfully,” and “Be kind to the others,” etc. have been transmitted by words of mouth; for example, from grandparents to children for more than 2000 years. Therefore, as you may know, even in the case of great disasters like the Great East Japan Earthquake 4 years ago, people are able to stand in line without falling over one another to get aid supplies and to strive for recovery and reconstruction by helping each other out.
          As such, it is really fantastic that these single dynasty and myths have been loved by the people for more than 2000 years in Japan. I believe that this may be quite a wonderful fact and an equally important cantribution to world heritages.
          Lastly but not least, I’d like to convey that Japan made great contribution to the colonial liberation in Asia and the independence of Asian and African nations. After the end of the World War II, we Japanese abandoned our weapons with one accord. There were many Japanese who remained in the ex-battle fields instead of coming back to Japan and willfully fought with the local people for the independence of their countries.
          Guess why?
          Because they didn’t want to invade the other countries as the Japanese have a mindset of helping people in need. I take “the Mission of Imphal” as an example. In Japan, we are taught that the Imphal Mission was the cruelest one with lots of failure. However, I heard that in India it is considered differently. This is a true story I heard from a Japanese person who visited India on the 50th anniversary of the armed forces of India. Then one local person said to him, “We can have this day precisely because many Japanese sacrificed their lives in the Mission of Imphal. We really thank Japan for that and respect Japanese.”
          Japanese people those days could not sit idly by nor permit that people who lived in the same area as Asia were aggrieved only due to the difference of skin color. Not only upper staff members of Japan but all the Japanese at that time felt so. Japanese people had such a global sense of justice from the point of God’s view. And being influenced by the independence of India, African people began to move forward to obtain their independence. The people in India and the other Asian countries have respect for Japan. I remember that a local person held my hand and repeated “thank you” with tears when I visited Malaysia before. I believe that episode symbolizes everything. I’m really proud that I was born in Japan.
          So, I think that Japan should have more confidence as a country. We may consider that the country of Japan herself is a “pride of the world” or a “World Heritage.”
          Knowing these episodes are supposed to show that Japanese people themselves should change their negative feelings about the mother country, based on the masochistic view of history, since we were born in such a marvelous country, Japan.
          Japan has too numerous virtues to count in addition to the above.
          Today, we Japanese are close to losing our confidence and pride. For, we have been told by the other countries that Japan has done wrong, and also been taught so by school teachers. I started to closely study history since the Japanese history I was taught at school was so much different from what was learned from my grandma. 
          Children who lost self-confidence are likely to turn to bullying or delinquency. I have experienced bullying in school days, too. There are too many children who cannot love themselves. Yet, in Japan we have a wonderful culture and thoughts and traditions. Even when I raise my voice to enlighten the public, my voice is just too small.
          So, each one of you attending here today, please love Japan as you do your country, and pray for happiness for us. Your thought will help to save lives of Japanese children, encourage Japanese people and bless us all. That leads to self-respect and confidence. Now, I wish to put an end to“the masochistic view of history,” that is, hating to ourselves, on this milestone of the post-war 70th -year anniversary.
          .
          With a serious mind, I wish for the future world that not only Japanese but also everyone in each country cherish self-respect and confidence, which will bring happiness, peace and a sense of well-being on a global basis.
          I hope this speech of mine will contribute to the world happiness.
          Thank you.
          2015.08.04 Tuesday

          これが朝日新聞の本質

          0
            (転載)
            https://www.facebook.com/kohyu.nishimura/posts/10203474590465645?pnref=story
            西村 幸祐
            暑さに狂う朝日新聞
            冨永格という言動に問題のある朝日新聞の編集委員が、紙面だけでなく、遂にネットでも捏造を海外に拡散中。こいつは本当に気が狂ったのか。これが朝日新聞の本質。日本人は冨永と朝日を告発するツイートやパネルを各国語で出すべきです。
            政府も正式に抗議するべきです。
            そして、これが朝日新聞の本質だということを世界中に発信しないと。8月5日は朝日の敗戦記念日一周年だが、何も反省も検証もしていない、ということです。日本人2万8千人以上から名誉棄損の集団訴訟も起こされている朝日。その本質が一つがこのツイートです。
            ※その後、冨永編集委員はツイートを削除した。しかし、いくらツイート削除しても事実は事実。日本の言論の自由や健全な報道を願う人々が、証拠の 保存を行っています。削除してもその明確な「意図」は削除できません。削除すれば済むと思っている朝日の態度は、削除した吉田清治関連の慰安婦の記事と同じです。
            “これって初見なんですけど、何時の?朝日新聞の記者酸味大だけど、日本には仏語話者が少ないとの確信と海外へのプロパガンダ??”
            TWITTER.COM|作成: QUEENIE
            https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10203476212826203&set=a.1426340718754.52270.1839870176&type=1&theater
            西村 幸祐

             
            【海外向け拡散】さて、朝日の冨永格がTwitterのアカウントごと削除して逃亡したらしい。そんな朝日新聞の冨永格編集委員の捏造ツイートの事実を世界中に広めなければなりません。なぜなら、慰安婦報道と同じように朝日はまともな謝罪も訂正もしないからです。特に海外向けがそう。
            不謹慎の誹りは免れないかも知れないが、冨永格氏の遺体が見つかるようなことにはなって欲しくない。なぜなら、GHQにいたコミンテルンの工作員、ハーバート・ノーマンはカイロのホテルから転落死して、自殺した事になっているからです。


            http://hosyusokuhou.jp/archives/44990648.html
            朝日新聞の冨永格(ただし)特別編集委員が、ナチス支援者が安倍晋三政権の支持者である
            とする内容をツイッターに書き込み、
            削除していたことが3日、分かった。 
            4397588f578e4830e1b0afc4352554b2

            冨永氏は自身のツイッターに、ナチス・ドイツの旗を持った人たちのデモ写真とともに英語で「東京での
            日本人の国家主義者によるデモ。
            彼らは安倍首相と彼の保守的な政権を支持している」と書き込んだ。 

            冨永氏のツイッターは、朝日新聞のホームページにある記者紹介のページからリンクが張られている。
            同氏は、ツイッターの紹介として
            「あれこれ含め個人の責任で本音をつぶやきますので、ヨロシクでごんす」
            している。 

            すでに冨永氏は書き込みを削除し、ツイッター上で「嫌韓デモに参加する人たちには安倍首相の支持者が
            多いという趣旨でしたが、英語ツイートに
            『一般的に』の言葉が抜けていたので、彼らがこぞって首相を
            支持しているかの
            印象を与えるツイートになってしまいました。失礼しました」などと釈明、謝罪した。 

            また、本社からの指示で「不注意から誤った内容をつぶやいてしまいました。改めておわび申し上げます」
            とした。 


            朝日新聞社広報部は、産経新聞の取材に対し「誤った内容のツイートだった。編集部門のガイドラインを
            逸脱した内容であり、記者に厳しく注意した」と説明。
            「今回の事態を重く受け止め、記者への指導を徹底
            していく」としている。

             

            産経新聞 8月3日(月)22時9分配信 
            http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00000562-san-pol 

            143名無しさん@1周年2015/08/03(月) 22:30:58.22 ID:3zL5W6Il0.net
            わざわざ英語とフランス語で2回に分けてツイート 

             
            冨永 格 @tanutinn 20:09 - 2015年8月2日 
            Japanese nationalist demonstration in Tokyo. 
            They are supporting PM Abe and his conservative administration. 
            【魚拓】 
            http://favstar.fm/users/tanutinn/status/627798256228012032
             
            20150803235639_143_1

             
            冨永 格 @tanutinn 20:23 - 2015年8月2日 
            Manifestation nationalist a Tokyo. Ils sont en general defenseurs de PM Abe. 
            【魚拓】 
            http://favstar.fm/users/tanutinn/status/627801858178809856 

            20150803235639_143_2

             ↓ 
            ナチスの話題を軽々しく扱ったため英語・フランス語圏で炎上 
             ↓ 

            慌ててツイートを消して言い訳を始める 

             
            冨永 格
            "先ほどのヘイトデモの写真と英仏両語でのツイートにたくさんの返信をいただきました。
            審議中の安保法案と結びつけて語る方も多く、誤解を招いてしまったようです。 

            本意ではありませんので関連ツイートとともに削除しました。お騒がせしました。" 
            https://twitter.com/tanutinn/status/627824320648122368 

             ↓ 
            日本でも炎上 
             ↓ 

            謝罪を拒否して「一般的に」の言葉が抜けていただけとさらに言い訳 

             
            冨永 格
            "きょうのヘイトデモに関する英仏ツイート(削除ずみ)について。
            嫌韓デモに参加する人たちには安倍首相の支持者が多いという趣旨でしたが、
            英語ツイートに
            「一般的に」の言葉が抜けていたので、彼らがこぞって首相を支持しているかの印象を与える
            ツイートになってしまいました。失礼しました。" 

            https://twitter.com/tanutinn/status/627851433505746944 

             ↓ 
            絶賛炎上中 
            2015.07.26 Sunday

            エクアドル:中国にくっついたがために経済破綻の危機

            0
              (転載)
              http://melma.com/backnumber_45206_6240613/
              「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
              平成27年(2015)7月27日(月曜日)
                 通算第4617号  <前日発行>
              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               中国にくっついて、エクアドルは馬鹿だった
                 環境破壊、生態系破壊のダム建設に猛烈な抗議行動
              ****************************************

               「水のないナイアガラの滝」。
              赤道直下のエクアドルのアマゾンの山奥に中国はダムを建設している。すでに落盤事故などで多くの死者がでているが、環境破壊に加えて、河川の魚介類の死滅など生態系が破壊され、水がこなくなった原住民達の怒りの声が広がっている。

               日本から見ればエクアドルって、バナナの産地、ガラパゴス島の入り口。あと何があるの? 
              それくらいの印象しかないが、エクアドル政権が反米、親中路線に傾き、ベネズエラと同様に、中国は原油生産と引き替えに150億ドルという巨額を貸し付け、さらには中国企業を使うことを条件に巨大プロジェクトを持ちかけた。水力発電、ダム、石油精油所、道路、トンネル、港湾改良工事、そのほか。。。。。。。。。

              もともと親米派だったエクアドルが急速に反米化したのはコレア大統領の個性にもよる。彼は父親が米国の所為で死んだと恨んでおり、マンタ空軍基地を使用していた米軍を追い出した。米軍はコロンビアとの麻薬戦争のため、空軍基地をエクアドルに置いていたのだ。

               この力学的地政学的変更をみて、さっと入り込んできたのが中国だった。2009年、中国は対エクアドル借款10億ドルと決める。金利は7・25%という高利だったが、誰も気にしなかった。

               ギリシアどころか、それまで西側から借りていた借金返済について、エクアドルは「非道徳的であり、非合法的だ」と非難してデフォルトをやらかした。IMFと世銀はエクアドル評価を最低ランクとした。

               すでに周知のようにベネズエラに中国は450億ドルを注ぎ込み、原油輸入と引き替えに多くのプロジェクトを持ちかけ(というより強要し)、そして原油価格大暴落というハプニングが起きて工事は中断され、雨ざらしとなる。

              チャベス前政権に貸した金は早く返せと督促されるも、「こんなに高い金利や条件だったとは」と新政権は嘆く。
               追加融資、金利引き下げを北京と交渉するも一向に埒があかず、ついに反米ベネズエラ政府も、親中路線に大いなる疑問を抱くようになった。


               ▲ベネズエラと同様に経済的困窮は以前より酷くなった

               いま、エクアドルもベネズエラ同様に経済破綻の直面している。
               アマゾンの密林地帯に中国が建設しているダムは22億ドルのプロジェクトである。完成した暁にはエクアドルの三分の一の電力を供給できるとされる。

               ところが過去数ヶ月、下流域に水涸れがおきて、大問題となった。
               
              マンタ港に進出した中国の銀行は原油精油所建設に70億ドルを融資し、ほかにもハイウエイ、橋梁工事など合計110億ドルを貸し込んでいる。担保? 将来の原油生産の90%を中国が輸入するという条件である。

               しかも中国の技術会社は1バーレルごとに25ドルから50ドルの「技術指導料」を巻き上げているらしい(ニューヨークタイムズ、7月24日).

               精油所建設もパイプラインが砂地に放置されたままの状態となり、工事は全域で中断されている。

               エクアドル政権は追加で75億ドルの融資を北京に申し込んだが、断られた。このためいくつかのプロジェクトは中止され、キトとグアイキル市内では反中国の抗議行動が頻発するようになった。

               環境破壊や生態系破壊だけではなかった。
               どの国でもそうだが、中国企業のでていくところ、労働条件の劣悪さ、賃金の低さ、そして中国人現場監督の現地人を奴隷のようにこきつかう様に直面したのだ。


               ▲中国企業の行くところ、必ず摩擦がおこる

              あるいは文化摩擦、つまり中国人労働者は一ケ所に隔離されたようにして居住し、「へんな物を食し」、現地に溶け込もうとはしない。現地民には何一つおこぼれがない。
               そのうえエクアドルでは売春は合法だが、中国人労働者らは、中国から連れてきた中国人売春婦のいるボサテル(売春宿)を使う。

               アンゴラで、ナイジェリアで、中国に対する怒りは暴徒化し、ベトナムでは中国系工場が放火された。
              尤も中国国内でも同様な労働争議が一日平均500件起きているのだから、大騒ぎするほどのことではない(と中国人経営者は傲慢にそう考えている)。

               (私事ながらスリランカへ行ったときガイドが言った。「中国人労働者のいるキャンプ近くでは、おかしなことが起きてますよ」「どういう事変?」「イヌと猫がいなくなったんです」。「・・・・・食べちゃった?」「最近はカラスも」)。

               エクアドルの名所コカ河のサンラフェルズ滝(エクアドルには10以上の有名な滝がある)は観光客が多かったのに、過去数ヶ月でダム建設工事のため干上がった。だから「水のないナイアガラ」と比喩される。

               だから言ったじゃない。中国にのめり込むとろくな結末にならない、って。





               
              http://melma.com/backnumber_45206_6240441/
              「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
              平成27年(2015)7月26日(日曜日)
                 通算第4616号  
              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
               
               外資、陸続と中国株からエクソダス(大脱走) 
                記録的な売り越しを香港で。飛ぶ鳥、あとを濁しながら。。。。。
              ****************************************

               外国人投資家は、中国の緊急措置として行った株価対策(PKO)を「経済戒厳令」的な措置と見抜き、将来に見切りを付けて撤退を始めた。
              本格的な流れと考えられるのは市場が外国人の未曾有の売り越しを示しており、香港で中国株を扱う証券会社は真っ青になっている。

              上場企業の半数が取引停止、経営者は向こう一年間の売却停止、合法の筈の「空売り」を事実上禁止したうえで、有力21社の証券会社に資金を供給した。これを中国語のメディアの一部は「李克強の暴力的市場救済」と比喩した。

              関係者によれば、強引な手法で株価の大暴落を防いだことは事実だが、取引が再開されたら落下することは目に見えており、次にどんな手を打つか、なにしろ人権擁護派弁護士を249名も拘束中の独裁政権が次に何をしでかすか、いまのところ予測不能である。

              空売りは上海、深センで事実上禁止されているものの、香港の株式市場ではまだ合法的に行われている。
              また「アリババ」などは米国ニューヨークで上場されているため米国ファンドは空売りに乗り出している。(アリババは2014年三月上場初値が99ドル70,ピークは15年一月で118ドル近辺。7月24日の終値が83ドル。すでにピークから30%下落している)。

                共産主義というのは独裁執権党がおこなう計画経済であり、市場経済とは対立する。
              中国は「中国的社会主義市場経済」などと呼号したが、その開放政策とは、独裁者だけが富む権貴階級のための「改革」という名の「改悪」であり、いずれ市場は破壊されるだろう。

               いまの中国は権貴階級の独裁という体制を守るだけが「まつりごと」の中心となり、表向き「国家資本主義」を標榜しているが、中国でも経済学の分かる人は事態の本質を十分い理解している。




               
              http://melma.com/backnumber_45206_6240441
              (読者の声1)貴誌前号の「外国人投資家が中国株から逃げ出した」を衝撃とともに読みました。初歩的な質問ですが、ところで幾らくらいが、何処へ逃げたのですか?
              また日本人投資家は暴落に遭遇して、どうしたのでしょうか?
                 (JJセブン)

              (宮崎正弘のコメント)IMFが中国の株式下落防止の非常手段に警告しています。なにしろ2008年リーマンショックのときの4兆元(当時のレートで57兆円)の財政出動の規模を軽く越えて、今回の株式市場への非常措置では5兆元を注ぎ込んだのです。これは邦貨換算100兆円、中国(の公表する)GDPのじつに十分の一にあたります。
               外国人投資家はどこへ逃げたか?
               一時避難は日本円でしょうが、株式の移動先はインドです。
               インド株式市場へ、香港を経由して流れ出した金額は7050万米ドル(邦貨換算で8兆6715億円)、この趨勢はまだ続き、インド株式は向こう一年で七倍になると予想する向きもあります(多維新聞網、7月24日)。

               さて日本の中国株投資ですが、主として投資信託ですので、2014年に67%増加し、累計1兆6000億円と推計されています。小生は3兆円と見積もっていましたので、その半分ですね。中国株関連の投信は取引停止の1400社の企業を含んでいるので現在値段も決められず、解約もできない状況です。
               拙著『中国バブル崩壊が始まった』(海竜社)は2014円7月の奥付ですから、ちょうど一年前の予想通りになりましたね。
              2015.07.19 Sunday

              世界遺産;歴史的な失敗 World Heritage sites, a historic blunder

              0
                (転載)
                http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2015/07/world-heritage-sites-historic-blunder.html

                TUESDAY, JULY 7, 2015

                 

                世界遺産の件;歴史的な失敗 World Heritage sites, a historic blunder


                I am appalled at the actions and stupidity of the Japanese government in this UNESCO World Heritage sites affair.  And reading blogs from think tanks in the US, Americans are also surprised by Japan’s incredible mistake.

                このユネスコ世界遺産の問題で、日本政府の愚かな活動にぞっとしています。アメリカのシンクタンクも、日本の信じられない失敗で驚いています。

                The words “forced to work” means the same thing as forced labor.  It implies criminal conduct on the part of Japan.  The Japanese side totally gave in to Korean demands.  And by agreeing to let Koreans monitor Japanese compliance, they have given up Japanese sovereignty.

                “forced to work”の意味は、”強制労働”です。日本は犯罪的な行為と認めます。日本側が韓国の要求を完璧に認めて、負けました。それと、韓国に日本の応諾を管理する要求に同意して、日本の主権を捨てました。

                Has not the Ministry of Foreign Affairs studied history?  Do they not know how Koreans behave?  Do they not understand the English language?

                日本の外務省は歴史を勉強していない?韓国人がどう言う活動をするとわかっていません?英語も分かりません?

                Koreans do not wish for a resolution of the history issues.  They wish to use these issues to force Japan to be a subject nation of Korea.  And now, by demonstrating and erecting monuments in foreign countries, they are using their deceitful propaganda to destroy Japan’s reputation.

                韓国人は歴史問題の解決を望んでいません。目標は、この歴史問題を利用して、強制的に日本を韓国の隷属国にしたいです。現在、世界中の国々で、デモや記念碑を作る活動で、自分達の嘘のプロパガンダで日本の評判を潰しています。

                I am very angry to see Koreans now want to erect a Comfort Woman monument in Chicago, the city of my birth.

                これから、私の生まれたシカゴで、韓国人が慰安婦記念碑を造るつもりが有ると読むと、怒っています!

                http://news.livedoor.com/article/detail/10320337/

                You cannot trust a Korean.  They always break their word, and make more demands.  Now with this English phrase, in the eyes of the world, Japan has admitted to criminal behavior.

                韓国人を信用出来ません。必ず約束を破って、より多くの要求をします。それで、この英語の言葉で、世界の国々の前で、日本が自分を犯罪国と認めています。

                Foreign Minister Kishida Fumio and UNESCO representative Sato Kuni should both take responsibility and resign.  They should be forbidden from political activity and public service for life.  The damage they have caused Japan is very grave.

                岸田文雄外務大臣と佐藤 地ユネスコ大使は両人とも責任を取って、辞任するべきです。これより一生政治活動と公職を禁止するべきです。彼達で、日本国に与えた損害がとても重大です。
                2015.07.19 Sunday

                これはヒドイ!共同通信など日本メディア17社 韓国を訪問し元売春婦に頭を下げ謝罪!

                0
                  (転載)
                  http://hosyusokuhou.jp/archives/44818652.html
                  1 ドラゴンスクリュー(台湾)@\(^o^)/2015/07/18(土) 21:58:50.85 ID:H/OtKF6h0●.net
                  慰安婦:「ナヌムの家」で頭を下げた日本の記者たち 
                  「話したいことがたくさんあるけど、話ができないね、きょうは…」 

                  87歳を迎える旧日本軍の元慰安婦、ユ・ヒナムさんが、いすに腰掛け、声を震わせながら
                  日本語で
                  こう話した。そして胸元に手を当てたまま、しばらく何も言えなかった。

                  ユさんの前には白髪交じりの中年の
                  日本人記者17人が座っていた。
                  記者たちは大きなノートを取り出し、ユさんの話した内容を一言一言書き取った。 

                  16日午後、共同通信や北海道新聞をはじめとする日本メディアの論説委員17人が、京畿道広州市の 
                  「ナヌムの家」を訪れた。元慰安婦たちのつらい記憶について直接話を聞くためだった。
                  「ナヌムの家」では
                  現在、10人の元慰安婦が共同生活を送っている。 

                  記者たちはまず、元慰安婦たちの証言を録画した映像を視聴した。画面に登場したイ・オクソンさん(88)が 
                  「慰安所というのは何をする所かといえば、人を捕まえて殺す所、と殺場にほかならない」と話すと、
                  その場
                  の空気は一変した。 

                  元慰安婦たちと初めて対面した日本の記者たちは一人ずつ立ち上がり、所属と名前を告げた。 
                  皆一様に深々と頭を下げた。

                  共同通信の磐村和哉編集委員は韓国語で「この暑い中、私たちのために
                  お集まりいただいて、
                  ありがとうございます」と述べた。これに対しユさんは日本語で「よくいらっしゃいました」
                  と答えた。 


                  http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/07/17/2015071700519.html
                   
                  *補足 「ナヌムの家」で頭を下げた日ジャーナリスト
                  2015071700203_0
                  http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2015/07/17/2015071700203.html
                  2015.07.19 Sunday

                  サンフランシスコ市議会では慰安婦記念碑設置を促す決議案が採択されかねない状況

                  0
                    (転載)
                    https://www.facebook.com/nobukatsu.fujioka/posts/864126473673128

                    藤岡 信勝

                    【緊急】アメリカでの慰安婦像設置に反対する運動を展開している「なでしこアクション」の山本優美子さんから、フェイスブック友達の皆様への緊急のご依頼です。サンフランシスコ市議会では慰安婦記念碑設置を促す決議案が16日に上程され、21日の議会で採択されかねない状況になっています。決議文は下記の文言ですが、デタラメ極まりないことを書き放題書いたものです。
                     そこで、英語の心得のある方にお願いです。下記の「なでしこアクション」のホームページをご覧の上、例文を参考にして議員宛反対の意思表示をしていただけませんか。
                      http://nadesiko-action.org/?p=8510
                    FILE NO. 150764 RESOLUTION NO. 
                    Supervisors Mar; Kim, Cohen, Christensen, Yee, Farrell, Campos, Avalos BOARD OF SUPERVISORS Page 1
                    [Urging the Establishment of a Memorial for "Comfort Women"] 
                    Resolution urging the City and County of San Francisco to establish a memorial for 
                    "Comfort Women.” 
                    WHEREAS, According to most international historians, the term “comfort women” 
                    euphemistically refers to an estimated 200,000 women and young girls who were kidnapped 
                    and forced into sexual slavery by the Imperial Japanese Army during its colonial and wartime 
                    occupation of Asia and the Pacific Islands from the 1930s through the duration of World War 
                    II; and 
                    WHEREAS, During the 15 years of invasion and occupation of Asian countries, 
                    unspeakable and well-documented war-crimes, including mass rape, wholesale massacres, 
                    heinous torture, and other atrocities, were committed by the Japanese Imperial Army 
                    throughout the occupied countries and colonies; and 
                    WHEREAS, Of the few top Japanese military leaders who were investigated and 
                    convicted as war criminals in the postwar War Crime Tribunals in Tokyo, Nanjing, Manila, 
                    Yokohama, and Khabarovsk, many escaped prosecution; and 
                    WHEREAS, In 2001 the San Francisco Board of Supervisors passed Resolution 
                    No. 842-01, urging the government of Japan, on the 50th anniversary of the US-Japan Peace 
                    Treaty, to fully acknowledge and apologize for Japan’s wartime atrocities and provide just 
                    compensation for the surviving victims of its aggression; and 
                    WHEREAS, In 2007 the U.S. House of Representatives passed Rep. Mike Honda’s 
                    bipartisan House Resolution 121, which also called on the Government of Japan to formally 
                    acknowledge, apologize, and accept historical responsibility for its Imperial Armed Forces' 
                    coercion of young women into sexual slavery; and
                    Supervisors Mar; Kim, Cohen, Christensen, Yee, Farrell, Campos, Avalos BOARD OF SUPERVISORS Page 2 
                    WHEREAS, In 2013, the San Francisco Board passed Resolution No. 218-13 
                    condemning Japan’s denial of its system of sexual enslavement during World War II and 
                    calling for justice for “comfort women”; and 
                    WHEREAS, The year 2015 marks the 70th anniversary of the end of World War II 
                    (1941-1945) and the Pacific War (1931-1945) and the defeat of Japanese imperialism and 
                    militarism by the Allies; and 
                    WHEREAS, Several cities in the U.S., including, Glendale and Rohnert Park, CA; Long 
                    Island, NY; Palisades Park and Union City, NJ; Fairfax, VA; and Michigan City, MI have 
                    already erected memorials to help remember the "comfort women" during Japanese 
                    occupation in the Pacific War; and 
                    WHEREAS, Today, human trafficking of women and girls is a form of modern day 
                    slavery with 20 million victims worldwide, including an estimated 1.5 million victims in North 
                    America alone, forced to perform labor and sexual acts; and human trafficking is a market
                    driven criminal industry based on the principles of supply and demand, and 
                    WHEREAS, San Francisco is not immune to the problem, and has been considered a 
                    destination for human trafficking due to its ports, airports, industry, and rising immigrant 
                    populations; and 
                    WHEREAS, Leaders of the Japanese American community have worked closely with 
                    the broader Asian Pacific Islander community in the past decades to strengthen relationships 
                    and build trust, understanding, and community for civil rights and social justice; and 
                    WHEREAS, San Francisco is a city of immigrants and their descendants, many of 
                    whom have ancestral ties to Asian and Pacific Islander nations and have direct or indirect 
                    experience with Japan’s past system of sexual enslavement; and 
                    WHEREAS, A growing coalition of immigrant communities, women’s organizations, and 
                    human rights groups have organized to establish a memorial for “comfort women” and the
                    Supervisors Mar; Kim, Cohen, Christensen, Yee, Farrell, Campos, Avalos BOARD OF SUPERVISORS Page 3
                    millions of victims of the Japanese military in San Francisco to ensure that the plight and 
                    suffering of these girls and women will never be forgotten or erased from history; now, 
                    therefore, be it 
                    RESOLVED, That appropriate City and County agencies will work with the community 
                    organizations to design and establish the memorial; and, be it 
                    FURTHER RESOLVED, That the Board of Supervisors of the City and County of San 
                    Francisco during the 70th anniversary of the end of World War II expresses its strong support 
                    of creating a memorial in memory of those girls and women who suffered immeasurable pain 
                    and humiliation as sex slaves and as a sacred place for remembrance, reflection, 
                    remorsefulness, and atonement for generations to come.
                    2015.07.19 Sunday

                    「軍艦島」は「日本のアウシュビッツ」にされてしまいそうだ

                    0
                      (転載)
                      https://www.facebook.com/nobukatsu.fujioka/posts/864075253678250?pnref=story

                      藤岡 信勝

                      世界遺産登録時の外務省コメントの失態で、長崎の「軍艦島」は「日本のアウシュビッツ」にされてしまいそうだ。慰安婦問題の河野談話で国際的にさんざん痛めつけられた日本が、この期に及んでこれほど重大な誤りを犯したことが信じられず、返す返すも残念でならない。『三橋貴明の「新」日本経済新聞』(7月18日)が問題点をまとめている。非常に正確な整理だ。というか、普通の論理がわかる人なら、普通に到達する結論である。これと違うことを言う人は、問題を曖昧にして現実に目をつぶっているといえる。腹に一物があるのだ。そんなことをしたら、問題は無際限に大きくなり、ますます取り返しがつかなくなるだろう。
                       私は参議院議員の和田政宗氏(次世代の党)らと村山談話の成立過程を検証するプロジェクト・チームを立ち上げ、その成果を安倍談話の前に出版する運びとなった。村山談話は通説と異なり、反対することが懸念される閣僚には事前に全く知らせておらず、一種の抜き打ちクーデターのような形で閣議を通した、卑しい出生の文書であることが証明された。間違った歴史を一つ、正すことができたと思う。そこで痛感するのは、結局、村山談話を成立させたのは、そこに問題があることに気付いても、閣議で質問すれば自社政権が崩壊し再び小沢一郎に政権を奪われてしまう事態になる、という自民党出身大臣をとらえた恐怖心だった。村山らはそれを見越し、うまく利用して談話を通したといえる。
                       今回の場合は、「世界遺産登録で地域の再生を」という、行け行けムードでことを進め、韓国から仕掛けられた罠を軽視した失敗である。面白くもないユネスコの世界遺産委員会の会議の様子をパブリック・ビューイングまで企画して盛り上げようとしていたことも驚きである。このように、目の前の実益にこだわり、ことの軽重の判断を誤る、という点で共通している。なお、下のまとめで、非常に重要なポイントは、そもそも日本の世界遺産登録は韓国とは関係のない話で、外交のテーブルにつく必要など全くなかったという指摘である。どこの世界に、戦時中に自国が徴用した自国民を「犠牲者」などと表現する外交機関をもった国があるか。バカも休み休み言え、といいたくなる。(以下、引用)
                       
                      【今回の明治産業革命遺産の世界遺産登録は、ある意味で「日本外交の問題の根源」が明確化されたような気がします。(中略)
                       さて、「英語」を日常的に使用している日本の外務省が、いかに「頭が悪いか」もしくは現実から乖離したファンタジー空間を漂っているかについて、露骨なまでに分かってしまったニュース。
                      『「強制労働」不使用、事前に確認=外務省
                      http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015071500369 
                       外務省は15日午前の自民党の外交関係合同会議で、世界文化遺産への登録が決まった「明治日本の産業革命遺産」に関し、6月21日の日韓外相会談で「強制労働(forced labour)」という言葉を使わないとの方針を韓国側と確認していたと明らかにした。
                       6月の外相会談では登録に協力することで両国が一致したが、具体的な確認内容は公表されていなかった。15日の外務省の説明では、韓国側が申し合わせに反し強制労働に言及しようとしたため、調整の結果、「forced to work(働かされた)」という表現に落ち着いたという。』
                       今回の外務省と「安倍政権」の大失態、しかも取り返しがつかない大失態のポイントは、以下の三つになります。
                      (1) そもそも、「明治」産業革命遺産と、大東亜戦争末期の朝鮮半島の日本国民(韓国は「韓国人」と表現していますが)の徴用は、全く関係が無いにも関わらず、わざわざ両者を関連付ける韓国の土俵に乗った
                      (2) 大東亜戦争期の朝鮮半島の日本国民は「日本国民」であったにも関わらず、韓国の「韓国人を徴用した」という歴史的な「ウソ」を前提として交渉を進めた
                      (3) 明治産業革命遺産を世界遺産に登録することを優先し、韓国に後々「利用」されることが明らかな「forced to work(働かされた)」という表現を認めてしまった
                       外務省は、「forced to work(働かされた)」は国際的、英語的には強制労働を意味しない。などと言い訳をするのでしょうが、違うでしょ!
                       国際的、英語的な話などどうでもよく、韓国のジャパン・ディスカウントのプロパガンダに「利用可能か?」という点が問題なのです。そして、韓国は今回の「forced to work(働かされた)」という表現を、「強制労働させられた」と自己解釈し、世界に発信するに決まっています。
                       そうではない、と、主張するならば、いかにコミットするのか、是非とも聞かせてもらいたいものです。韓国人を、日本国民の常識が通用する民族だと思っているならば、外交に関わる資格はありません。
                       その程度の「常識」すら理解していないというならば、安倍政権にせよ、外務省にせよ、日本の国益を損ない続けてきた過去の日本政府と同じです。
                       というわけで、外務省や安倍政権がいかなる「言い訳」を続けたとしても、容赦なく批判する必要があるのです。今回の世界遺産登録は、韓国の外交的勝利であり、安倍政権の敗北、というよりは「自滅」なのです。
                       そもそも、日本国民を戦時中に法律に基づいて徴用したことが、なぜ今さら批判されなければならないんだ? 頭、大丈夫か? という正論を普通に政府や外務省が主張できる環境が構築されない限り、今回の大失態を上回る「最悪の失態」が繰り返されることになるでしょう。安倍政権は、後世に禍根を残す最悪の失態を犯してしまったという現実を、日本国民がまず理解するべきなのです。
                      PS
                      「日本政府は韓国に常識が通じるといった幻想を捨てろ!」に、ご賛同下さる方は、
                      ↓このリンクをクリックを!
                      http://www.keieikagakupub.com/…/CPK_38NEWS_C_…/index_sv3.php
                      外務省は15日午前の自民党の外交関係合同会議で、世界文化遺産への登録が決まった「明治日本の産業革命遺産」に関し、6月21日の日韓外相会談で「強制労働(forced labour)」という言葉...
                      JIJI.COM
                      2015.07.19 Sunday

                      反日サヨク集団の言論弾圧

                      0
                        (転載)
                        https://www.facebook.com/kohyu.nishimura/posts/10203395295283315?pnref=story
                        西村 幸祐
                        これはとんでもない言論弾圧です。サヨク教職員組合、共産党、社民党などの反日サヨク集団が、6月以降に構成員をフル動員して全国で組織的に日本人圧殺のファシズム攻撃を展開し始めています。それは、学校、メディア、ネットIT企業など、あらゆる分野に及んでいます。
                        “神戸市の某公立中学で、百田尚樹作品の朗読会(放送読書会)が中止になるという事件がありました。...
                        TWITTER.COM|作成: 百田尚樹


                        https://twitter.com/hyakutanaoki/status/622223268745863168

                        神戸市の某公立中学で、百田尚樹作品の朗読会(放送読書会)が中止になるという事件がありました。 図書委員と生徒たちが選んだ作品を、生徒たち自らが何度も朗読練習し、放送に使うCDも完成していたのに、7月に突然、学校側が「百田作品は認めない」という理由で、朗読会の中止が決定しました。
                        Calendar
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>
                        PR
                         
                        ユーシロクス
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recommend
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM